セルフイメージとは?
意味・使い方・高める方法とメリットを解説

セルフイメージとは何か?
高めることのメリットを分かりやすく解説

セルフイメージとは?

セルフイメージとは一言で表すと、自己認識です。もっと分かりやすく言うならば、自分の事を自分がどう思っているかであり、自己評価とも言えるでしょう。

 

例えば、「僕は料理をすることが苦手なのだ」、「私は歌を歌う事が得意」これらすべてセルフイメージとなります。なぜなら自分で自分の事を判断していますよね?

 

先ほど言ったように、自分のことを上手いや苦手と自己認識している事がセルフイメージです。少しずつセルフイメージの事が分かってきましたか?

 

この記事を最後まで読めば、セルフイメージの理解が深まり、あなたがビジネスでより多くの事に挑戦でき結果を出すことができるようになるでしょう。

セルフイメージが高いとどうなるの?

では、セルフイメージについての理解が深まったことで、実際にセルフイメージが高いと、どんな良いことがあるのかについて説明していきたいと思います。

 

セルフイメージが高い人は比較的チャレンジ精神が大きいです。なぜなら、自分の事をプラス評価で捉えているからです。例えば、小学生の時に先生の質問にこれでもかと手を挙げて答える人はいませんでしたか?

 

その人は絶対にセルフイメージが高いです。自分は勉強ができると思っていたり、この手の問題は得意だと自分で認識していたりするからですね。

 

他にもあなたの周りで色々な事にチャレンジしている人はいませんか?きっとその人はセルフイメージが高く、自分ならできると思っているので、多くのことにトライしています。

 

逆にセルフイメージが低いと、チャレンジ精神は低いでしょう。これは自分のスキルが普通の人よりも高いとしても、自分の事を「僕は他の人より知識不足」と判断しています。こんな風に思うと、折角良いスキルを持っていてもそれを活躍できるチャンスが少なくなってしまいます。

 

自分が高いスキルを持っているのにチャンスが少ないって悲しいですよね。そのため、セルフイメージは高い人の方が良いといえるでしょう。

 

また、先ほどセルフイメージが高い人はチャンスが多いと言いましたが、セルフイメージが高い人の方がたくさんの事にチャレンジするため、経験値がどんどん上がり自分のスキルも高まりやすい傾向にあります。

 

ゲームでも同じことが言えるでしょう。この敵を倒せるか分からないけど、きっとできると信じて戦いを挑んだとします。この時、負けたとしても戦った時の相手のデータや相手の弱点か分かるので次は攻略しやすいでしょう。敵を倒せたのなら、なおさら強くなりますよね。

 

逆に、敵を倒せる実力があったとしても、挑まないと倒せていない事と変わりません。つまり、セルフイメージが低い人は、挑戦した人より一歩遅いことが明らかです。

 

このように、セルフイメージが高いと、経験値を高めやすく自分のスキルを上げやすい傾向にあります。

 

ただし、セルフイメージを高める事がすべて良いとは言い切れません。色々な事に挑戦するという事は失敗がつきものです。それで大きな損害を被る可能性だってあります。

 

そのため、セルフイメージは高めることは良いことですが、計画性もある程度もち、自分ならできる根拠を持つことが大事ではないでしょうか。

 

セルフイメージを高くすることが良いと分かっていただけたでしょうか。それでは次に、具体的にどうすれば高まるかについて次に紹介していきます。

セルフイメージを上げるためのコツ3選

それでは、セルフイメージを上げるためのコツを3つ紹介していきたいと思います。3つ全て試そうとするのではなく、自分ができそうなことを1つずつ試していってください。

 

1つでもできたらセルフイメージが爆上がりすること間違いなしですよ!

小さな成功を積む

セルフイメージを上げるために一番良い方法としては、「小さな成功を積む」ことです。

 

なぜなら成功体験が1つでもあれば、自分はこれができると自分に評価をしませんか?

 

例えば、あなたがダイエットをしたいとします。1か月真剣にダイエットに取り組み、3キロ痩せたら小さな成功を積んだことになるので、自分に良い評価を下しますよね。

 

このように小さなことでも成功を積むことでセルフイメージは少しずつ上がっていきます。

 

「成功なんてしたことがない」と言う人は、本当に小さいことから始めてみてください。先ほどの例で言えば、まずはスクワット10回とかですね。これも立派な成功です。

本当にその評価が正しいかを考える

皆さんは、自分の評価を誤って下していませんか?誤った評価は自分のセルフイメージを大きく下げることがあります。

 

例えば、自分の事を音痴だと思っている人がいたとします。その人は自分が思い込んでいるだけで、決して音痴ではない時だってあります。その時に有効な事は質問です。

 

自分に自問することによって評価を再度し、セルフイメージを高めることができます。例えば、音痴だと思っている場合ならば、「歌一曲歌えるなら音痴じゃなくない?」、「音痴って誰かに言われたことあるのか?」、「ドレミファドってピアノに合わせて歌えるなら音痴じゃないよ?」など質問をたくさんしていきましょう。それによって、今まで下していた評価を変えていけます。

成功している人と同じ行動をしてみる

セルフイメージが低い人の特徴として、失敗をすることが怖いという人や、以前やったけど失敗してしまって次はやりたくないという人が多いです。

 

先ほど小さな成功を積むとありましたが、そもそも一歩踏み出すことはとても勇気がります。それでいて、以前失敗したことを行うのはとても辛いことですよね。

 

そんな人は、成功している人を真似るという事を行ってみて下さい。これは成功するための第一歩になるでしょう。

 

これはモデリングと言う、一番早くなりたいものになれる心理学的方法です。相手のことを想像し、相手のなりふりだけでなく内側の思いを考えていきます。それを自分に投影することで、なりたいものに近づくことができます。

 

ポイントは、相手を真似るだけではなく、なりきることが大切です。ビジネスの世界では、一番早く成功する秘訣はモデリングだと言っている人がいるくらい効果が高いワークになります。皆さんもぜひやってみてください。

セルフイメージをビジネスで使えるか?

セルフイメージの上げ方が分かっても、実際にビジネスの場で使えなくては意味がないですよね。今回は、具体的にセルフイメージを上げる方法を知ってどうなるのか、どんな場面に使えるのか。今回はさらに深掘りしていきたいと思います。

 

セルフイメージを高めていくと、先ほども言った通りチャレンジ精神が高まり、多くの事に挑戦できるようになるでしょう。そのため、経験値が高まりより高いスキルを身に着けることができます。

 

これは、ビジネスに打って付けのマインドと言えるでしょう。マインドと言うのは、自分の根本的な考えの事です。もっと砕けて言うと、人生の羅針盤のようなものだと思ってくれると分かりやすいと思います。自分の羅針盤が色々な事にチャンレンジさせようとしてくれるって素敵ですよね。たくさんの事にチャレンジ出来て自分の市場価値が高まること間違いなしです。

 

また、自分のセルフイメージを上げることも大切ですが、同僚や後輩など仲間のセルフイメージを高める事も大切でしょう。経験を積んでいない人にとってセルフイメージを上げることはとても難しく臆病になりがちです。

 

そのため、この記事を見たあなたが仲間のセルフイメージを高めてみてはどうでしょうか。先ほど紹介したセルフイメージを仲間に共有してみてください。きっとチャレンジ力が高いチームが出来上がり、皆が実績を作れるようになります。

セルフイメージを上げて良いビジネスライフを!

今回は、セルフイメージについて深く解説していきました。この記事を読んだだけでは、セルフイメージを上げることはできません。

 

1つずつセルフイメージを上げる方法を試して、セルフイメージが高い恩恵を受けてくださいね。あなたにならきっとできるはずです!

 

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました