は行

B to Bとは?|意味と役割の説明|企業事例などを解説

そのため、 B to BやB to Cビジネスという概念が注目されてきたのです。 激しいビジネスの世界で生き抜くために、B to Bの意味を知っているだけでなく、特徴なども理解する必要があるのです。 B to Bの特徴は?
は行

ブランディングとは何か?|意味と役割の説明|ブランドの機能と効果

ブランドというコトバを聞いたことがないという人はいないでしょう。 それほど私たちの生活にブランドは入り込んでいます。 最も代表的なものは有名なバッグや宝石などの高級ブランド。 ブランドはそのような高級品だけのものでしょうか?
は行

ベネフィットとは?意味・使い方などを事例を使って詳しく解説

ベネフィットの意味とは? 英語の「Benefit」の直訳としては、「恩恵」「利益」という風に訳されます。 マーケティングにおいてのいわゆる「ベネフィット」とは、「商品やサービスを購入することで顧客が得られる利益」というような意味で使われます。
ら行

リードナーチャリングとは?意味・使い方・プロセスなど事例を使って詳しく解説

リードナーチャリングとは、将来的に購買見込みがある顧客の購買に繋げるモチベーションの育成するプロセスのことを指し、購買後も継続的にコミュニケーションを取り、顧客との良好な関係を築くことで長期的な顧客を獲得するマーケティング方法のことです。
あ行

AISAS(アイサス)の法則とは?意味・説明・事例を使って詳しく解説

AISAS(アイサス)の法則とは、2005年に大手広告代理店の電通によって提唱された、消費者が商品を認知してから購買に至るまでのプロセスをモデル化した消費者行動モデルの一つです。どこでも見たことも聞いたこともない商品を突然買う消費者はいないと思います。
ま行

マーケティングとは何か?意味・使い方など事例を使ってわかりやすく解説

マーケティングの意味とは?マーケティングとは、「企業および他の組織がグローバルな視野に立ち、顧客との相互理解を得ながら、公正な競争を通じて行う市場創造のための総合活動」と日本マーケティング協会によって定義づけられています。
あ行

アップセルとは?意味・使い方など事例を用いて分かりやすく解説

「アップセル」とは、製品を検討している顧客や、以前に購入したことのある顧客にアプローチする営業手法のひとつで、現在検討中のものより高額な上位グレードの製品やサービスに変更してもらい、お客様1人あたりの単価をアップさせることをいいます。
か行

コンバージョンとは?意味や使い方など事例を使ってわかりやすく紹介

コンバージョン(conversion:CVとも略されます)とは、主にWEBの領域において最終的な「成果」を意味します。 事業においての契約・申し込みなど、ターゲットのユーザーが事業者の利益に結びつく行為をとることを指します。
か行

コンテンツとは何か?意味・使い方・活用法を例を使って解説

「コンテンツ」とは日本語に直訳すると「内容」「中身」という意味です。 現在のIT分野では、媒体(メディア)によって記録・伝送される、人間にとって意味のある、ひとまとまりの情報のことをコンテンツと呼ぶことが多くなりました。
タイトルとURLをコピーしました