は行

ペルソナとは!?マーケティング活動の原点を理解しよう!

ペルソナは、サービスや商品のユーザー像であり、そのユーザー像を想像しながら、プロモーション施策や商品企画を検討していくことを「ペルソナマーケティング」とマーケティング現場では、表現します。 もう少し分かりやすく表現すると下記のようなマーケティングを行うことです。
あ行

エビングハウスの忘却曲線とは?実は間違っていた意外な真実

この実験結果が発表されたのは100年以上も前のことであるため、様々な形で伝承される中で誤解されているものが散見されます。 エビングハウスが提唱した忘却曲線の縦軸についてですが、「節約率」の概念が使われています。
あ行

アフィリエイトとは?収益化を目指してアクセスアップを図る方法

例えばあなたがブログを開設して、そこに広告を載せるためにAmazonアソシエイトとアフィリエイト契約を結んだとします。 そして、普段から自分が使っているBluetoothヘッドフォンのレビュー記事をブログに掲載し、Amazon.co.jpの商品リンクを貼ります。
は行

PDCAとは?意味を理解し仕事のできる人間になろう!

PDCAは、ビジネスの進め方の基本です。 すべき内容、手順をそれぞれ明確にし、確実に実施・評価して、さらにそれを繰り返し行っていきます。 PDCAサイクルを回すことにより、確実に成果をもたらすことができます。
ら行

流通チャネルとは何か?特徴や種類を理解しよう!

通話チャネル、無線LANのチャネルや、オープンチャネル、オムニチャネルに始まり、チャネルの多様化や強化、またチャネル作りなど、名詞や動詞となって登場することもあって、まさにビジネスシーンに「チャネル」が出てこない日はないほどです。
ら行

リードジェネレーションとは?マーケティング活動に欠かせない取り組み

リードとは、主にBtoBマーケティングにおいて、見込み顧客を指します。 マーケティング活動は、自社のサービスの認知度を高め、より多くの見込み顧客となるリードを獲得し、営業チームにサービスの導入を検討している顧客を受け渡すことが重要な役割になります。
ま行

『マーケティングファネル』とは?上手く活用して顧客の心理を捉える方法

”ファネル(funnle)”とは「漏斗(じょうご もしくは ろうと)」を意味しており、その形状が、商品やサービスの購入~拡散に至る過程の人数変化と似ていることからこの言葉が用いられています。 「漏斗」は、理科の実験で使った経験のある人が多いんじゃないでしょうか。
か行

CRM(顧客管理システム)とは?顧客を理解し関係を築くためのアプローチ

今回は、コンビニで買い物をするB子さんのケースに沿って説明します。 B子さんは40代の主婦。週に1度、3時のコーヒータイムにコンビニのスイーツを食べるのが、彼女のささやかな楽しみです。今日は最近テレビで話題になったチーズケーキを食べたくなり、スーパーで買い物をすませたあと帰り道にあるコンビニへ立ち寄りました。
さ行

今さら聞けないステルスマーケティング(ステマ)とは?メリットやデメリットを解説

ステルスマーケティングのことを「ステマ」と略されることもあります。この略語は過去にメディアでも大々的に取り上げられたこともありますし、新語・流行語大賞にノミネートされたこともあったことから、何となく耳にされたことはあるのではないかと思います。
か行

KPI(重要業績評価指標)とは?成果を上げるための目標の決め方!!

経営にはさまざまな種類の指標が使われますが、「KPI」は日々の行動が目標に向かって、きちんと進んでいるかを確認するために設けた目安となる中間目標と言えます。 仮に、設定した「KPI」と、ギャップが生まれた場合には、行動が当初想定の方向に向かっていないことを意味し、活動の修正が必要です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました