モチベーションとは?意味・説明・心理学|事例を使って解説

モチベーションとは何?
仕事でモチベーションを高めたい方へアドバイス

モチベーションの意味とは?

モチベーションという言葉を皆さんは知っていますか。仕事や経営学の勉強をしていればおそらく一度は聞いたことがあると思います。

モチベーションを一言で表すと人が何かする時の目的意識です。ちょっと分かりにくいと思うので、もっと簡単に言うとやる気という言葉でよく使われます。モチベーションと聞くと難しいと感じる人もいると思いますが、やる気と知ると難しいと思わないですよね。

今回の記事を最後まで読めば、モチベーションについて詳しくなる為、仕事の生産性が高まり、今後キャリアアップしていくことが容易となるでしょう。今回書く、モチベーションを上げる方法を知らずに過ごすことも良いですが、この知識を自分のものにして生産性を高めてくださいね!

最近、「モチベーションを高めろ!」と仕事場でも学校でも言われるときが多いと思いますが、なぜ高めると良いのでしょうか。皆さんはこれについて考えたことがありますか?なぜモチベーションを高めるべきかと言うと、生産性が高まるからです。

例えば、皆さんがやりたくない仕事を上司から押し付けられて、モチベーションが全くないとしましょう。つまりはやる気が0と言う事です。仕事の生産性は高いと言えますか?おそらく多くの人は生産性が下がってしまいます。つい他の事に気が向いてしまうでしょう。それでは仕事にならないですよね。仕事とモチベーションの関係は密接にかかわっています。

次に逆の事を考えてみましょう。モチベーションが高い状態、つまりやる気がマックスの時の事です。例えば、好きな上司からスキルアップできる仕事を任されたとします。あなたはこの仕事にとても興味を持っています。このような状況ではあなたはどうなりますか?僕なら、自分ができる最大限の力を使ってその仕事に集中して取り組みます。あなたも同じですよね。

モチベーションが高いときと低いときを比較して分かったと思いますが、仕事の生産性が本当に異なりますよね。なぜモチベーションを高めると良いのかが分かってきたと思います。それでは、さらにモチベーションについて詳しくなり生産性を高めるために、モチベーションを上げるための2つの側面をお話していきたいと思います。

モチベーションの2つの側面

モチベーションの基本的な事が分かり、なぜモチベーションを高めれば良いか分かったと思います。次は、モチベーションを高めるための2つの側面について学んでいきましょう。これが分かれば、モチベーションについて経営学を学んだ人と同じくらい詳しくなり、モチベーションを高めやすくなりますよ。

【モチベーションの側面1】内的報酬

モチベーションの側面の1つ目は、内的報酬と呼ばれるものです。言葉がとても難しそうですが、実はとても簡単な事です。やりがい、成長、スキルアップなどがこれにあたります。

例えば、あなたは大きなプロジェクトに参加しています。このプロジェクトには有名な社長や、起業家が集まっているとしましょう。あなたは、これらの人と一緒に仕事ができるため、仕事に責任感とやりがいを感じ、どんどん成長していきます。この時に感じるモチベーションが内的報酬です。内から来る思いのようなものですね。

これが強いと自然と仕事に対しての生産性が高まるでしょう。それに加えて仕事のモチベーションが高いので、多くの事を吸収しようとし自身のスキルが高まること間違いなしです。

では、もし大きなプロジェクトに参加して、金銭的報酬が0だったらあなたはそれを続けることが出来ますか?次の外的報酬を見て、内的報酬だけではモチベーションを維持し続けることは難しいことを知りましょう。

【モチベーションの側面2】外的報酬

モチベーションの側面の2つ目は、外的報酬と呼ばれるものです。これは、お金や昇格などがこれにあたります。

例えば、先程と同様あなたは大きなプロジェクトに参加していると考えてください。内的報酬はとても大きくやりがいを感じています。しかし、毎日15時間勤務し、お金が出ないとしたらどうしますか?しかもそれが一年続いたらどうでしょう?

多くの人はいくら内的報酬が良くても、それだけでは維持ができないと思います。お金をもらえないとモチベーションは高く維持できず、結果として何かを辞めてしまう事になるでしょう。

だからと言って、外的報酬だけを与え続けるとどうなるでしょうか。人はお金のためだけに行動するので、お金がなければすぐにやめてしまいます。アルバイトなんかが良い例ですよね。高い給料のバイト先があればすぐにやめてしまうのは、多くの人がお金を求めているからでしょう。

つまり、内的報酬と外的報酬のバランスが大切であり、どちらかが極端に多くても少なくても人はモチベーションを維持することはできません。お金が適切に与えられて、それに伴いやりがいも感じられないと人は仕事の生産性が下がったり、何かを維持して行ったりする事は難しいのです。

特に、仕事でのモチベーションを高く維持するってとても難しいですよね。内的報酬や外的報酬のバランスだって考えなくてはいけません。また、どんな報酬が良いか選びながらその人にあった報酬を与えなければなりません。そのため、次に仕事でモチベーションを維持する具体的な方法を見て、仕事の生産性を高めていきましょう。

仕事でモチベーションを活用するための具体的方法

これまでモチベーションの概念から始まり、モチベーションを高める大枠について学んだと思います。それでは、次に実践的な仕事でモチベーションを高める方法について知り、仕事で集中できない、チームが良い結果を残せないといったことから脱却しましょう!今回は4つご紹介しますので、できそうなことから試してみてください。

【具体的方法1】目標設定とコミットメント

皆さんは仕事をする時に一年単位は勿論、月、週、日の目標設定をしていますか?また、それを相手に発表し、これを達成しますと宣言していますか?多くの人は年単位や月ごとには行っていると思いますが、1日ごとに目標を決めている人は少ないでしょう。また、その目標をコミットメントする人も少ないと思います。

まず、なぜ目標を設定するとモチベーションを高められるかと言うと、内的報酬を自ら与えられるからです。自分が決めたことをすべて達成すると嬉しいですよね。それにやりがいを感じる人も多いのではないでしょうか?

そのため、目標設定や行動目標を毎日決め、それをこなして自分で今日一日どうだったかを反省してみてはいかがでしょう。

これをチームで行うとさらに効果が表れます。今日のやることをそれぞれ宣言し、相手に伝えることで達成率がぐんと上がります。コメットメントは科学的に効果の高い方法であり、相手にやりたい事を伝えるという簡単な事なので誰でもできるでしょう。個人で行うのは勿論、チームであれば会社全体の業績が上がり、給料も高くなるかもしれませんよね(笑)。

また、自分の中で「1週間やることを決めて達成出来たら、コンビニスイーツを1つ買う」などルールを決めれば外的報酬も与えられて、バランスよくモチベーションを保つことが可能になります。

【具体的方法2】エネルギーチャージ

ガソリンのない車は1㎞も走ることが出来ませんよね。このように、元々エネルギーが無ければモチベーションは高めるどころか一生0のままです。ガソリンはたまに補給しないといくら低燃費でも持ちません。

そのため、休みを取ったり、少し運動をしたりすることも大切です。どの行動が自分のエネルギーをチャージするかはその人によって異なりますので、色々な事を試すことが良いでしょう。

念のため、科学的にも効果のあるエネルギーをチャージする方法をいくつか紹介していきたいと思います。まずは、運動です。運動には脳を活発にしたり、リフレッシュしたりする効果があります。あまり激しい運動をしてしまうと疲れてしまうので、ジョギングや軽いスポーツがおすすめです。

次にシンプルですが一番効果のある方法として、睡眠をとることが大切です。仕事で疲れたお昼頃に10分~30分ほど睡眠をとると仕事へのモチベーションが断然変わります。その他にもエネルギーを回復させる方法はたくさんあるので、色々試してみて下さいね!

【具体的方法3】コミュニケーションを活発に!

いくら仕事へのモチベーションが高くても、障害が多いとモチベーションは下がってしまします。例えば、仕事をしているときに、外がうるさいとか、難題がたくさんあって息詰まるとか。それらは、自分自身では解決できないことが多いです。そのため、コミュニケーションを活発にして、その障害を見つけることが大切です。

例えば、部下にいつもより23回多く声をかけてあげるとか、チーム内で仕事をする時には皆の顔を見て大変そうにしている人に声をかけるなど。このような事を心がけることで、仕事の障害によってモチベーションが下がることはなくなるでしょう。そのおかげでモチベーションは高まる一方ですよね。

自分1人のモチベーションを上げようとするのではなく、会社全体のモチベーションを高めようとすると、より大きな効果が期待できますので、まずはチームのような小さいグループにこのような方法を試してみてください。

モチベーションで人生と仕事を楽しく!

今回は、モチベーションについて深く学んでいきましたね。今回学んだことを仕事や日常生活で生かして、生産性を高め良いキャリアを作っていってください。

仕事でモチベーションは絶対に高められます。1つずつで良いので、今回紹介した方法を毎日試してみて下さい。成長していく自分を見ることが楽しくさらにモチベーションが上がりますよ

コメント

タイトルとURLをコピーしました