流通チャネルとは何か?特徴や種類を理解しよう!

スポンサーリンク

流通チャネル

スポンサーリンク

チャネルの意味とは?

最近、「チャネル」というコトバをよく耳にしませんか?特にマーケティングの場面では頻繁に使われています。

通話チャネル、無線LANのチャネルや、オープンチャネル、オムニチャネルに始まり、チャネルの多様化や強化、またチャネル作りなど、名詞や動詞となって登場することもあって、まさにビジネスシーンに「チャネル」が出てこない日はないほどです。

普段は何となく“雰囲気”で使っているチャネルというコトバは、どういう意味を持っているのでしょう?また、どういう場面で使えばよいコトバなのでしょう?

チャネルとはラテン語の“水導管”が語源で、「流れるものを通す路」という意味があります。水路や運河を造るときもチャネルを造るとか、チャネルを開くと言います。

つまり、モノの通り路や、経路、道筋のことを称してチャネルと言います。

因みに私たちに一番身近な「TVのチャンネル」も、この「チャネル」と同じ意味です。意味は全く同じですが、なぜか今はチャンネルと言わずにチャネルと言うのが一般的になっているようです。

スポンサーリンク

代表的な3つのチャネル

ビジネスシーン、特にマーケティングの分野ではより多くチャネルというコトバが出てきます。その代表的な3つのチャネルをご紹介しましょう。

販売チャネル

「販売チャネル」は、文字通り販売するために必要な経路、流れのことを指します。また実際に消費者がモノを購入する場所やその方法も「販売チャネル」と呼んでいます。「メーカー⇒小売⇒消費者」という、最も一般的な最終販売までの流れをイメージするとき、販売チャネルというコトバを使います。経路や流れ、場所や方法までを「チャネル」というコトバで表せることができるのが、このコトバが頻繁に使われるようになった理由の一つかもしれません。

流通チャネル

「流通チャネル」は、「販売チャネル」と似ていますが、より商品(サービス)の流れ、移動・運搬を指すときに使います。メーカー⇒卸し業者⇒小売⇒消費者と商品の所在が変わるためには、その間を商品が移動しなければなりません。

その移動・運搬に関わる全てのものを対象とする時は「流通チャネル」というコトバを使います。販売チャネルの概念では入らない、宅配業者や運送会社、またそのトラックの台数や種類、ドライバーまでが「流通チャネル」と言うときには入ってきます。今回はこの「流通チャネル」をより詳しく説明します。

コミュニケーション(情報)チャネル

商品を販売するためには、消費者にそれを知ってもらう必要があります。何故この商品があるのか?どんな時に使えば便利なのか?どこで売っているのか?この商品はいくらで買えるのか?など、知ってもらいたい情報は数多くあります。

それらを伝える、それらが伝わる「経路」が「コミュニケーション(情報)チャネル」です。テレビ・ラジオ・新聞・雑誌の4大媒体がその中心を担ってきましたが、最近ではWEBサイト・SNSやメールの方が伝える力は大きくなっている感じです。

スポンサーリンク

流通チャネルの種類

では具体的に「流通チャネル」とはどれぐらいの種類があるものなのでしょう?2つの視点で種類分けしていきます。

一つは、自社でコントロールしている閉じた流通チャネル。もう一つが外部機能を取り込んだ開かれた流通チャネルです。

「閉じた」とか「開かれた」というのは少し解り難いかもしれませんが、要は「関わっている人(企業)の多さ」と、「どこまで自分達でやっているか?ネットワークを使った協業で行っているか?」という視点です。

内部流通チャネル

あるメーカーが商品を作って販売したいとき、一番ストレートなのは、顧客に直接販売して直接届けることになります。作った場所から買った人がいる場所へ送り届けるのが一番早くて効率的です。この場合「流通チャネル」は一本道です。他の経路を通りません。

そしてその経路を自社で管理すれば、よりコントロールが効くことになります。一部のECサイトはこの「内部流通チャネル」を活用しています。

外部流通チャネル

卸売り業や、小売業を利用して商品を販売する場合、多くは「外部流通チャネル」を利用することになります。多くの人達が関わるこのルートを自社が全て構築するのは非常に困難です。多くのネットワークを利用することでこの流通チャネルはより拡がりを持つことが出来ますが、当然ながら自社のコントロール下で運営するのは難しくなります。

考えてみれば当たり前なのですが、内部流通チャネルも外部流通チャネルもそれぞれのメリット・デメリットがあります。どのような流通チャネルで商品の流れをつくっていくのか?は、「販売チャネル」と密接な関係にあり、その影響を強く受けることになります。仮にECサイトである場合には卸し業者や小売業者のトラックを使う必要はないはずですから、自然と内部流通チャネル化に向かいます。

スポンサーリンク

流通チャネルの特徴

メーカーが作った商品を、

“欲しい人”が、

“欲しいとき”に、

“欲しいだけ”の量を、

“欲しい人の手に届ける”ために、

“欲しい分だけ揃えておく”には、

多くの人が関与します。その分、多様で大掛かりな仕掛けが必要です。運送に係る車両はもちろん、商品を保管する倉庫、出荷と入荷を確認する伝票、商品の所在を確認する情報機器等が必要になるわけです。

ですから、これらが揃った「流通チャネル」は、「一度構築してしまえばなかなか変えることができない」という特徴を持っています。内部流通チャネルの場合、自社の投資分が回収できるまでこのシステムは使い続ける必要がありますし、外部流通チャネルであれば、それこそ多くの企業の利害がからむので変えるという選択肢はなかなか取れません。

どちらにとってもこの「一度出来上がった流通チャネル」は自身のメリットを享受しながらも、「変えられない」という宿命を常に持っているという、もどかしい特徴を持っています。

スポンサーリンク

「流通チャネル」は何故必要か?

マネジメントの父である、あのピーター・ドラッカーは、【流通チャネルは、製品そのものよりも重要なことが少なくない】と言っています。

それは、今、企業が考えることは、

“どんな製品が売れるのだろうか?”

を考えるよりも、

“顧客はどこにいるのか?”

“その顧客に自社の商品(サービス)はどのように到達していけばいいのか?”

そして、

“そのルート(チャネル)は、どのようなもの”で、

“どのように作ればよいのか?”

を考えているからです。

これはまさに「流通チャネル」そのものです。「流通チャネル」を造ることが、「商品」を販売する、まさに第一歩なのですね。

スポンサーリンク

まとめ

私たちは、「欲しい商品は常に目の前にある」と思っていますし、「買った商品は直ぐに手に持てる」と思っています。それは買う側からすれば当然のことです。ですが、それを実現させるための「流通チャネル」に思いを巡らせれば、それがいかに多くの人のビジネスによって成立しているか?が、わかります。

今日、アナタが買った商品、今日、アナタが受けたサービスはすべて個々の「流通チャネル」を通ってアナタの手元にやってきています。「流通チャネル」というコトバは、多くの人々の仕事が積み重なった、非常に重いコトバだと言えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました