あ行

あ行

SEO(Seach Engine Optimization)とは?検索上位を目指す手法

自宅で、あるいは電車の中で、もしくは会社で、何かわからないことや知りたいことがあると、googleやYahoo!の画面を開いて言葉を入力しますよね。すると、検索結果の左上に約〇○○○件というように検索条件に合致した情報の件数、そしてその下にタイトルが一覧で表示されます。
あ行

LTVとは何か?|意味と役割の説明|LTVの特徴と計算式|を理解しよう!

LTVというコトバ(アルファベット)を一度は聞いたことがあるはずです。それほどに、このLTVというコトバは一般化しています。何となく雰囲気で使っている。会話に入っていたので何となく相槌をうっていた。そんな人も決して少なくないはずです。
あ行

アップセル・クロスセル・ダウンセル|商品・サービスの本当の売り方とは?

企業が商品やサービスを販売する手法は様々です。今回は、営業や販売の戦略であるアップセル・クロスセル・ダウンセルについて、紹介したいと思います。売上は、【顧客単価】×【顧客数】の要素に分解することが出来ます。 飲食店で考えてみると、
あ行

インセンティブとは?分かりやすく例文を使って解説!

顧客や社員を動かすにあたり、インセンティブの導入は効果的です。 動かすのは人の心なので、対象となターゲットやタイミングなどでも効果は大きく変わってきます。 与えたい効果、目的などを考慮した上で、活用いただければと思います。
あ行

AISCEASの法則とは?AIDMA・AISASとの徹底比較!

AISCEASが生まれたのは、インターネットの普及によって消費者の購買行動が変わったことに対応するためです。 消費者は、まず大量の商品の中で目についた(注意した)もの、さらに興味や関心があるものを選びます。
あ行

AIDMA(アイドマ)の法則とは?消費者の購買行動を認知せよ!

「知る→興味を持つ→欲しいと感じる→記憶する→購入する」というプロセスを踏むという消費活動の法則をAIDMAの法則を呼びます。 このAIDMAの法則は、特に広告業界やマーケティングでよく利用されている考え方です。
あ行

エビングハウスの忘却曲線とは?実は間違っていた意外な真実

この実験結果が発表されたのは100年以上も前のことであるため、様々な形で伝承される中で誤解されているものが散見されます。 エビングハウスが提唱した忘却曲線の縦軸についてですが、「節約率」の概念が使われています。
あ行

アフィリエイトとは?収益化を目指してアクセスアップを図る方法

例えばあなたがブログを開設して、そこに広告を載せるためにAmazonアソシエイトとアフィリエイト契約を結んだとします。 そして、普段から自分が使っているBluetoothヘッドフォンのレビュー記事をブログに掲載し、Amazon.co.jpの商品リンクを貼ります。
あ行

AISAS(アイサス)の法則とは?意味・説明・解説 | 消費者の購買プロセスを理解しよう!

AISAS(アイサス)の法則とは、2005年に大手広告代理店の電通によって提唱された、消費者が商品を認知してから購買に至るまでのプロセスをモデル化した消費者行動モデルの一つです。どこでも見たことも聞いたこともない商品を突然買う消費者はいないと思います。
あ行

アップセルとは?分かりやすく事例を説明/意味を理解し顧客単価を上げよう!

「アップセル」とは、製品を検討している顧客や、以前に購入したことのある顧客にアプローチする営業手法のひとつで、現在検討中のものより高額な上位グレードの製品やサービスに変更してもらい、お客様1人あたりの単価をアップさせることをいいます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました