さ行

サブリミナル効果とは?意味や種類・使い方|事例を使って徹底解説

サブリミナル効果は、人間の意識と潜在意識の境界領域下に刺激を与えることで表れるとされる効果です。視覚、聴覚、触覚の3つのサブリミナルがあるとされています。 簡単に言うと、刺激が短いがゆえに意識としては認識することができないが潜在的にある程度の何らかの影響を与えることができます。
さ行

シナジー効果とは?意味や種類・使い方|事例を使って徹底解説

シナジー効果とは? 意味や事例を理解してビジネスに利用しよう シナジー効果とは ビジネスの場だけでなく、テレビでもM&Aや企業連携を発表するニュースの中で「シナジー効果」という言葉を聞いたことがある人は多いと思います。 この...
-その他

メラビアンの法則とは?意味・説明・心理学|事例を使って解説

メラビアンの法則は、アメリカの心理学者アルバート・メラビアンが行った実験を基に提唱されるようになった法則です。 この法則は、相手とコミュニケーションを取る際、言葉だけでなく表情や声のトーン、見た目なども大きな影響を与えるというものです。 話す内容はそれほど重要でなく、見た目や話し方でほぼ全て決まるのような意味合いで語られることも多いです。
ま行

モチベーションとは?意味・説明・心理学|事例を使って解説

モチベーションという言葉を皆さんは知っていますか。仕事や経営学の勉強をしていればおそらく一度は聞いたことがあると思います。 モチベーションを一言で表すと人が何かする時の目的意識です。ちょっと分かりにくいと思うので、もっと簡単に言うとやる気という言葉でよく使われます。
さ行

セルフイメージとは?
意味・使い方・高める方法とメリットを解説

セルフイメージとは一言で表すと、自己認識です。もっと分かりやすく言うならば、自分の事を自分がどう思っているかであり、自己評価とも言えます。 この記事を最後まで読めば、セルフイメージの理解が深まり、あなたがビジネスでより多くの事に挑戦でき結果を出すことができるようになるでしょう。
は行

ハロー効果とは?意味・使い・心理学など具体例を用いて解説!

ハロー効果とは社会心理学や行動経済学の用語で、人間の認知バイアスの一つです。認知バイアスとは簡単に言うと無意識の思い込みのことを言います。行動経済学の世界でも扱われるように消費者の消費選択に大きな影響を与えることができます。
か行

コンフォートゾーンとは?成長するために抜け出して挑戦しよう!

人は、潜在的にコンフォートゾーンの中にいたがる性質があるために、わざわざリスクを冒す行動はしません。しかし、刺激がない生活に退屈してきて、新しいことに挑戦を始めたり、未知の場所に行ってみたりします。そのような行動を起こすことを、自己啓発本などでは、「コンフォートゾーンから出る」とされています。
あ行

アンカリング効果とは何?意味・活用方法など具体例を使って解説

アンカリング効果は心理学や心理学と経済学を融合させた行動経済学の世界では非常によく知られている人間の認知バイアスの一つになります。 認知バイアスとは簡単に言うと無意識の思い込みです。 行動経済学の世界でも扱われるように消費者の消費選択に大きな影響を与える効果です。
は行

バンドワゴン効果とは?意味を理解してビジネスに役立てよう!

バンドワゴン効果とは、今から、70年前の1950年に、アメリカの経済学者のハーヴェイ・ライベンシュタイン博士が、論文「消費者の欲求の理論におけるバンドワゴン効果、スノッブ効果ならびにヴェブレン効果」の中で、初めて、用いられた心理的な効果のことです。
や行

USPとは何か?|意味・役割・条件|USPの作り方を徹底解説

USPがUSPであるためには、いくつかの条件をクリアする必要があります。例えば「ワタシの売りは毎日笑顔で朝を迎えることです」とか「ワタシの商品は世界に一つだけの独自なものです!」は、USPにはなりません。なぜなら「USPの条件」をクリアしていないから。
タイトルとURLをコピーしました